読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り言。

シチュエーションCD、BLCDの感想ブログです。

忘備録的な目的で始めたブログですが、作品購入に迷っているどなたかの判断材料の一部になれれば幸いです。

個人的解釈で書いており、ここに書いてあるものはごく一部ですので気になった作品はぜひ購入をおすすめします。









ひめのかぞくをしょうかいします! あきひろパパといっしょ!

ひめのかぞくをしょうかいします!あきひろパパといっしょの感想を残しておきます。

 『オトナ女児向けCD』第三弾です。

第一弾、二弾とよかったので、期待していましたが平川パパも最高でした。

 お兄ちゃんたちとのエピソードもちょいちょい出てきて全巻買った人には「そうそう!」とにやにやできるとことも多いと思います。

 

時間

CD1枚(59分)※アニメイト限定盤は+CD1枚(19分)

動物園へ行く約束をするところから始まり、動物園から帰ってくるまでで1枚です。

トラック1~6 フリートークなし 

2巻の本編がすごく微妙なところで終わったのですが、今回はきれいに終わっていると思います。

 

キャラクター

・児島秋宏(cv.平川大輔)…ケーキ屋を営みつつ3人の子供を育てるパパ。43歳。

子供たちを溺愛している優しいパパ。もちろん怒る時はちゃんと怒る。

 

・ヒロイン…通称ひめ。5歳。ぱぱの言うことを聞けたり聞けなかったりな年相応の子。水族館より動物園派。

 

今回は動物園のスタッフ(飼育員?)も声付きで出てきます。

 

 以下完全にネタバレですのでご注意を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーリー(個人的な解釈も含まれています)

仕事場から帰宅する秋宏をひめがリビングで出迎えるところから始まります。

ソファーで二人仲良く話していると、テレビで動物番組が始まります。

麒麟の特集を見て麒麟を見たことがないと言うひめに、動物園行ったことなかったっけ?と返す秋宏。子供が3人もいればまぁ、記憶はごっちゃになりますわな。

実際は動物園には行ったけど雨が降ってきて全部周ることができず、麒麟は見れなかったとのこと。

動物について興味津々のひめに秋宏は「動物園行くかい?」とたずね、ひめはおおはしゃぎで喜びます。

 

翌朝、ひめが起きると秋宏はひめがリクエストした"ひよこのキャラ弁"を作っていました。ひめは顔のパーツを貼り付ける作業を手伝いますが失敗。秋宏が機転を利かせてなんとか完成させます。

まさはるお兄ちゃんが作ってくれた朝ごはんを食べ、二人は動物園に向かいます。

 

動物園に着いた二人は順に動物を見て回ります。

秋宏はひめの5歳児らしさがある受け答えに癒されながらもどんどん大きくなって(成長して)しまうことに寂しさを漏らします。

 

おまちかねの麒麟も見ることができおおはしゃぎのひめを連れ、次の動物(ライオン)のもとに向かおうとしますが順路が分かり辛く、地図を広げて確認することに。

しかし地図とにらめっこをしている間にひめは秋宏の手をはなし、一人歩き出してしまいます。

 

ひめが一人で彷徨っていると動物園のスタッフに声をかけられます。

ひめの言動から迷子とさとった彼は迷子センターに連れて行こうとしますが、ちょうどその時秋宏がやってきます。

秋宏に怒られひめは泣きながらも反省。秋宏も手を放してしまったことを反省します。

どこに行っていたの?という問いにひめは"ライオンコーナー"に行っていたと答えます。

実は地面に矢印表示がしてあり、それを辿ってライオンコーナーへ行けたのです。

それに気付かなかったは秋宏は関心し、ひめに道案内を任せ再び歩き出します。

 

昼ごはんを食べるために二人はベンチへ移動します。

走った影響でひよこの顔が弁当箱の裏に貼りついたりするアクシデントもありますが、仲良くお弁当を食べます。

 

夕方になり二人はバスで帰ることに。

バスの中でおみやげの話などをしながら次は4人で夜に来よう、と約束します。

 

アニメイト限定盤は本編の翌日、寝る前にまさはるお兄ちゃんが貰ってきた本(ヘンゼルとグレーテル)を読み聞かせしてもらい、おやすみのキスをして眠りにつく感じです。

 

SE・BGM

 特に気になりませんけどたまにスーパーに流れてるようなBGMが流れます。

 

 

 

 感想

秋宏パパが本当にいいパパで。

お兄ちゃんたちもなんとかひめに伝わりやすいように言葉を選んで話してくれてる感じはあったんですけど、パパはそれがさらに上手かった。

さすがパパだなって。そんなパパを見て育ったからお兄ちゃんたちもあんなに世話上手なんだなって妙に感動しました。

それとひめだけじゃなくて息子たちも大好きなんだなってわかる描写があってほっこりしました。

二人の息子がそれぞれ自立していくことに寂しさを感じていたパパが、ひめがいることで家族が繋がれていることをひめに感謝するのがね、すごくぽくて。

私は親じゃないのでお前にわかるもんかって言われるかもしれないけれど、素敵だな、と。

個人的にはひめに「ん~~~♡ひめはふわふわだね(略)」て言ったときの「ん~~~♡」の部分が自然すぎて可愛すぎて「あんたがふわふわだわ!」とつっこみたくなるほどでした。

まじでマリンさん秋宏パパに平川さんをキャスティングしてくださって本当にありがとうございます。

 


ひめかぞ~あきひろパパといっしょ!~(CV.平川大輔さん)CD試聴 #ひめかぞ

 

 

というわけで一貫してオトナ女児向けCDという姿勢を崩さずに制作していただいたこともあり、全巻購入して大満足のシリーズです。

疲れてる社会人のお姉さんとかには特に推せます。

1巻の時は5歳にはなれないけど素敵なCDなんて言っていた私もついに5歳になれた気がする…笑

またこのシリーズ作ってほしいです。

普段は恋人設定が多いシチュCDですけど、このシリーズを聴いてお兄ちゃん、お父さんになってほしい声優さんいっぱいいるな、と。

何卒、何卒宜しくお願い致します。

 

ちなみに全3巻買うと140円でキャスト3人のフリートークCDがもらえますのでお早めにお買い求めください(要応募)