読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り言。

シチュエーションCD、BLCDの感想ブログです。

忘備録的な目的で始めたブログですが、作品購入に迷っているどなたかの判断材料の一部になれれば幸いです。

個人的解釈で書いており、ここに書いてあるものはごく一部ですので気になった作品はぜひ購入をおすすめします。









一世風靡-逆転大奥恋絵巻- 第三幕 潮

一世風靡 中井和哉 シチュエーションCD

Rejetの一世風靡3巻 潮の感想を残しておきます。

 

極上の美男との恋に溺れるCD 「一世風靡-逆転大奥恋絵巻-」 第三幕 潮 声:中井和哉

極上の美男との恋に溺れるCD 「一世風靡-逆転大奥恋絵巻-」 第三幕 潮 声:中井和哉

 

 

一世風靡シリーズはPVであまり惹かれなかったので、

とりあえず「中井さんRejetに出てくれてありがとう!」の意味で潮くんだけ買いました。

登場キャラ最年少の潮くんを中井さんが演じるってちょっと萌えます。

1巻2巻は聞いておりませんのであしからず。

ブックレットに本編後のSSがあります。

 

時間

CD1枚(44分)  トラック1~5+フリートーク

短いですけど起承転結がはっきりしていてまとまっていたと思います。

まぁ、短いだけあって内容は薄いです。

 

キャラクター

・潮(cv.中井和哉) …18歳。一世風靡の一人で最年少だが、落ち着いてしっかりしている。

・ヒロイン…徳川?代目将軍。いくつの設定なんだろう?前向きだけどまだ将軍としては頼りない。

基本「あんた」たまに「姫様」と呼ばれます。

 

以下完全にネタバレですのでご注意を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代背景

江戸時代、将軍の世継ぎがなかなか産まれないため 大奥内でいざこざが生じ、それを見かねた将軍が次の将軍は女にすることを決めました。

そして女将軍の誕生とともに男たちの大奥が作られることに。

もちろん大奥なので美男ばかり。その中でも特に優れている5名は「一世風靡」と呼ばれていました。

 

ストーリー(個人的な解釈も含まれています)

ヒロインのもとに護衛役を任された潮が挨拶にやってくるところから始まります。

ヒロインは親睦を深めようと度々彼に話しかけますがあくまで仕事だからと突き放されてします。

 

ある日ヒロインは潮から大奥には将軍であるヒロインを手に入れることで掴めるものがあるがゆえに、彼女のことを好きでなくても自分のものにしたがる男たちがたくさんいる、利用される覚悟がなければ将軍はやめろ、と警告されます。

潮はどうしてもヒロインに将軍から降りてほしい様子。

 

ある日ヒロインが一人お忍びで街へ出掛けようとしていると潮に声をかけられます。

迂闊な行動に潮から叱責されすが、あくまで将軍としての視察ではなく町人たちのありのままの生活が見たい!という自分の考えを伝えると潮は理解を示しつつも、急に将軍がいなくなったら一大事になること、姫様は自分の置かれている立場がわかっていない!と諭されます。

将軍としての在り方を説いてくれる潮にヒロインは感謝しますが、潮から「素直なだけだと騙されて終わる」と忠告されます。

 

後日、潮の計らいでお忍び視察の許可がおります。

護衛数人を連れ街に出たヒロインは初めての街にそわそわ。

潮に案内してもらいながら街を周る途中で町人のいざこざに巻き込まれます。

潮が争う二人の間を取り持ち、事なきを得る様子を見たヒロインは感銘を受け、潮に将軍としての自分に対する助言をしてもらいたいと頼みます。

しぶしぶ承諾し、彼女に助言をする潮。

そんな彼も自分の使命とそれに反する彼女への思いに悩んでいました。

 

後日ヒロインは街に意見箱を置くことを決め、それが町人たちから好評化を得ます。

それを見た潮からも賛辞と激励を受けヒロインは大喜び。

 

ある晩、ヒロインは潮を部屋へ呼び寄せ、今後も傍にいてほしいと告げます。

それはつまり潮を一番(夫?)に選ぶということ。

潮からあんたに興味がないと拒絶され、自分が実権を握ってあんたを利用するかも?と脅されますがヒロインはそんなことしないと否定します。

そんなヒロインに潮は一緒に駆け落ちしようと持ちかけ、「おまえが将軍をやめれば自分を大奥に送り込んだ仕え先から金が入ることになっている、俺に利用されろ」と言って迫ります。

断る彼女に潮は自分が大奥に来た目的と騙していたことを告げ、大奥を去っていきます。

 

実家に戻った潮は幕府の要人が狙われているという情報を耳にします。

それがヒロインではないかと危惧した彼は街へ駆け出します。

街では戦いが起こっており、ヒロインもその渦中にいました。

なんとかヒロインを助けだした潮は彼女にずっと好きだったことを伝え、裏切って逃げたことを謝罪します。

そしてもう一度あんたを守らせてほしいと告げ、ヒロインもそれを受け入れます。

めでたし、めでたし。

 

 

フリートーク

いい声だなー。ゆるっとした話し方好きだなー。と思って聴いていたらあっという間に終わってしまった。。

ごちゃごちゃこねくり回した作品てラクリモサですか。ラクリモサのことですか。

俺って言った後に僕って言い直すの可愛いです。

もし自分が将軍だったら?の質問に対する中井さんの野望が笑えました。

 

SE・BGM

BGMは江戸っぽい和風な感じでよかったです。

ヒロインの動きを表す音がちょっと気になったかな。

 


【Rejet】一世風靡-逆転大奥恋絵巻- PV

 

感想

女なら絶対世継ぎが産まれるから女将軍にしようっていうのはどうなんですかね?先代将軍さん。

わりと昨今デリケートな問題だぞ、これ。女性向けCDでやっちゃってよかったの?と思いました。

 

比較してはいけないんでしょうけど、黒華族を聴いた後だとどうしても内容が薄く感じてしまいますね。

潮くん自体が序盤そっけないですし、ヒロインに好意を持ってからもあまりそれを前面に出さない子なのでそういう意味であんまりキュンキュンはできないんですよね。

でも男らしさは伝わるし距離感もとてもよくて何よりcv中井さんならそれだけで幸せになれますよ。ってなもんです。

面白くないわけではないです。普通にリピれます。

あとブックレットのSSがとてもよかった。甘々です。

 

これは売れたら続編できそうな内容だなーと思いますけどグッズ含めあんまり売れてないから続編はないんだろうなー。