読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り言。

シチュエーションCD、BLCDの感想ブログです。

忘備録的な目的で始めたブログですが、作品購入に迷っているどなたかの判断材料の一部になれれば幸いです。

個人的解釈で書いており、ここに書いてあるものはごく一部ですので気になった作品はぜひ購入をおすすめします。









めちゃくちゃシたい。2

 めちゃくちゃシたい。2の感想を残しておきます。

主人公の名前を間違えていました。大変失礼いたしました。

誤:春 → 正:春海 4/29修正しました。

めちゃくちゃシたい。2 ~やんちゃな彼は保健室の住人~
 

こちら18歳以上推奨CDとなっておりますので本編はもちろんこちらの感想でもセクシャルな表現を隠さずしております。

苦手な方、対象年齢未満の方はご注意ください。

 

こちらのレーベルの作品ははじめての購入しました。

特に声優買いではなく、自分がやんちゃ年下系が好きということで購入。

シナリオにちょっと疑問はありつつも、春くんが自分好みの可愛い子で買って悔いなしの1枚でした。18推モノで久しぶりに良い作品に出逢えました。

 

時間

CD1枚(1時間19分)トラック1~8 フリートークなし

Hシーンは途中までが1回、最後までが2回

 

キャラクター

・西園春海(cv.テトラポット登)…男子高校生。ちゃらい。国産家具メーカー跡継ぎのお坊ちゃまでお坊ちゃま故の悩みを抱えている。基本ゆるーく生きてる系で保健室に入り浸っている。キスが好き(多分)

 

・ヒロイン…春海の通う高校の保健医。許婚がいるが…。流されやすい系。

 

以下完全にネタバレですのでご注意を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーリー

春海はいつもヒロインがいる保健室にふらりと現れては授業をさぼってベットで眠る保健室の常連でした。

 

ある日春海は会社の経営者である父親に連れられて来たパーティでヒロインと遭遇します。

彼女の見慣れないドレス姿に「違和感ありすぎww」と茶化す春海。

ヒロインは許婚に連れられてこのパーティに参加したとのこと。

しかし彼女が許婚に対してあまり好意的でないことを察した彼は彼女を会場のバルコニーに連れ出します。

そこで春海は「あんな男やめて俺に乗り換えない?」とヒロインを口説きますが彼女は年を気にしている様子。

春海は「俺の方が満足させてあげられる」とヒロインに迫り濃厚なキスをします。

ヒロインは春海とのキスのことを、春海は自分が似合わないスーツを着てパーティーに参加していたことを誰にも言わないという約束をします。

 

ある日いつものごとく保健室のベッドで眠っていた春海はヒロインにカーテンを開けられ声を掛けられます。

具合が悪いと訴える春海ですが仮病を疑うヒロインに「何不自由ない暮らしをしているくせに…」と言い返され、傷ついた彼は「あんたに何が分かるんだよ…!」と声を荒げ強引にヒロインにキスをします。

 ヒロインは少し抵抗しますが、おかまいなしに彼女の腕をベッドフレームに拘束し「俺、先生が思ってるようなガキじゃねぇよ」と彼女を無理やり襲います。

 

愛撫と指でイかされます。(割愛)

 

直後、春海は腕の拘束は実は簡単に外せたことを明かし「縛られてるから仕方ないんだって俺に抱かれる言い訳が欲しかったの?」と吐き捨て、ヒロインに平手打ちをされます。

 

その後しばらくヒロインと距離をおいていた春海。

しかしある日廊下でふらついていたところをヒロインに声を掛けられ引きずられるように保健室に連れて行かれます。

春海は強姦まがいなことをされてもなお自分にかまってくるヒロインを理解できず

お茶を出してくれた彼女に対して「またあぁいうことしてほしいの?」とわざと怒らせるようなことを言って煽りますが彼女は何も言いません。

春海は自分がどうしたいのか分からずうな垂れ、昔から両親から跡取りとしてのプレッシャーをかけられてきたことでずっと家で眠れない日々が続いていたことを明かします。

唯一眠れることができたのが、保健室のベットだと。

ヒロインの鼻歌を聴いていたら眠っていたことから、以降彼女の傍が楽になれる場所になった。と打ち明けます。

とはいえ前回の行為は許されない…と思いきや、ヒロインからそれを許した上でベッドで休んでいくよう勧められ、春海は驚きつつも休ませてもらうことに。

手を握っていてほしいという要望にも応えてもらい、すぐに眠気がやってきた春海はまどろむ中で「先生…好き…」と漏らしながら眠りにつきます。

 

ある日の昼休み、すっかり元気になり保健室にやってきた春海は先日の一件以降家でも眠れるようになった、と明るく話しながらご飯を食べます。

そんな中「午後から用事があるためもうじき保健室の鍵を締める」というヒロインの発言に許婚とのデートかと焦る春海は、許婚との結婚を反対し許婚なんて捨てて俺のモンになってよ!と懇願します。そしてヒロインに対する自分のありのままの気持ちをまっすぐに告白します。

するとヒロインから許婚とは婚約を解消したことを告げられ、びっくり。

午後からの用事は許婚とは無関係と知りほっと胸をなでおろしたものの婚約解消に動揺する春海。そんな彼を黙らせるように春海の唇をヒロインがふさぎます。

驚きつつもキスを受け入れる春海。同情されているのではないか、と不安になるもののヒロインがそれを否定し、ふたりは激しく口づけをかわします。

ヒロインが自分のものになったことを確信し喜びを抑えきれず、そのまま盛りだす春海。

 

ふたりはそのままベッドへ。

たっぷり愛撫からの挿入。(割愛)

 

事後、あっさりと帰る準備を始めるヒロインに春海は少しすねますが、そのまま彼女を見送ります。

 

後日、とあるパーティの同伴にヒロインを誘った春海はヒロインを連れ跡継ぎとしてしっかりとあいさつに周り最後に父親に彼女を紹介します。

 

その後二人は会場から離れ春海の家へ。

自分の贈ったドレスに身を包み、普段つけないような香水の匂いをまとうヒロインに春海の興奮はMAXに。彼の欲情はもう誰にも止められません。

そのままHになだれ込みます。

 

全身愛撫、彼女からのご奉仕、再び愛撫のち挿入。(割愛)

 

事後、春海はヒロインへの愛を囁きながら彼女が眠るのを見守ります。

 

 

SE・BGM

BGMはなし。

息遣い(鼻息)が大きめな気がしました。不快レベルではない。

 

感想

テトラさんがご出演されるCDは3枚くらいしか聞いたことがないのですが、今回はチャラ男系だったからか外国のコメディドラマ(教育テレビとかでやってるやつ)の吹き替えみたいな話し方に聞こえました。

最初それにすごく違和感があったのですが、慣れれば全然問題ないです。

 

それと春海がヒロインを好きになった理由はまぁ納得できたんですけど、ヒロインがいつどうして彼をすきになったのか?これがけっこう曖昧というか分かりにくかった。

彼女自身、多分春海に最初のパーティで会わなければ好きでもない許婚とそのまま結婚していたかもしれないし、そういう意味で春海は救ってくれたのだからそこらへんが好きになった理由かなぁ?と解釈しました。

可愛いんだけどさ、許婚をふって高校生に飛び込むってかなりの英断だと思うんだ。

まぁ18推なんてそんなもんか。

 

と文句をいいつつも私はこの作品大好きです。

言葉のチョイスがいちいちエロい。露骨じゃなくいい感じにエロい。そして可愛い。

それをナチュラルに演じてくれるのでとてもドキドキしました。

 個人的には「頭とろけそうだよ…」とかすごくよかったです。

あと「先生」って呼ばれるのたまんないですね。

多分過去にも先生×生徒みたいな作品は聞いたと思うけど今回の「先生」呼びはかなり耳触りが良かったです。

 

それからテトラさんのじゅるじゅる音すごかったです。この作品に限った話ではないけれど。

ほんとじゅるじゅる。メロンにかぶりついてんのかと思うレベル。(例えがいまいちですみません)芸達者ですね。テトラさん。 

普通のセリフも絶妙な甘え方とか、奉仕されてる時の喘ぎ声とか。可愛くて聴いていてわーーー♡♡♡ってなりました。

年下系好きな方にはオススメします。

 

 

余談ですけど序盤の春海のキレてる演技が某ラキドの主人公の声優さんに似てるなぁと思ったのは私だけでしょうか。ラキドというか、「勘弁してくれ」ってBL作品のヤンデレ攻めの演技にすごく似てた気がします。褒めてもけなしてもないです。似てたなってだけです。